Edge 用パスワードマネージャー

Microsoft Edge を使用してウェブをブラウズするたびに、Keeper Security の保護機能をパスワードマネージャーとデジタルボルトとして使用したいと思うことでしょう。

Military Discount

看護師、医師、病院職員、軍人、救急隊員。 30%オフで入手。1 年プラン。

チェックアウト時に確認 First Responder Discount
閉じる

ブラウザのパスワードマネージャーを使用するリスク

  • ブラウザはパスワードマネージャとして作られてはいないので、専用のパスワードマネージャーが提供するセキュリティレベルを提供してはいません。
  • ブラウザは頻繁にログインしたままになりますが、これはセキュリティ上のリスクをもたらしてしまいます。なぜなら、保存されたパスワードは、そのデバイスへと物理的にアクセスできる誰に対しても無防備になってしまうからです。
  • ブラウザを使用してパスワードを保存することは、自分のデバイスがサイバー犯罪者によりスパイウェアに感染させられ、保存されているすべてのパスワードを含むブラウザの設定へと即座にアクセスされてしまうため、危険となります。
ブラウザのパスワードマネージャーを使用するリスク
Microsoft Edge のパスワードマネージャーとして Keeper を使うメリット

Microsoft Edge のパスワードマネージャーとして Keeper を使うメリット

  • パスワードと個人情報は、自分だけがアクセスできるパーソナルな暗号化ボルトに保存されます。
  • ブラウザやオペレーティングシステムは関係なく、どこからでも、どのデバイスからでもパスワードや個人情報にアクセスできます。ブラウザのパスワードマネージャーを使っていれば、そのブラウザからしかパスワードにはアクセスできません。
  • Keeper を使えば、もうパスワードを覚える必要はありません。Keeper は、あなたが Edge で閲覧するすべてのサイトやアプリに対して、強力でランダムなパスワードを生成し、安全に保存します。

Keeper と Edge の連携方法

Microsoft Edge は Windows 10、Windows 10 Mobile および Xbox One コンソールのデフォルトのウェブブラウザとして、家庭内のすべてのデバイスで使用されているかもしれません。Keeper はすべてのデバイス上のすべてのユーザーのパスワード管理をよりシンプルなものとします。

Keeper では、何十、何百もの異なるパスワードを思い出して手動で管理する代わりに、自分だけの暗号化された Keeper ボルトにアクセスするためだけに使用される唯一の強力なマスターパスワードを選択します。パスワード、ログイン、クレジットカード番号、銀行口座およびその他の個人情報を追跡するための安全で便利な方法を提供します。

KeeperFill 拡張機能を使えば、パスワードを常に安全に保ちながら、Edge 上でクレデンシャルを自動入力することもできます。

ブラウザのパスワードマネージャーを使用するリスク

Keeper はデータとファイルも保護します

KeeperならEdgeのパスワード管理機能だけでなく、秘密の質問、暗証番号、口座番号などの情報を保護し、安全にアクセスできます。また、重要なファイルをKeeperボルトに安全に保管し、個々の記録やフォルダを信頼できる個人や非常用バックアップユーザーを指定して共有することもできます。

Keeper が最高のエッジパスワードマネージャーである理由

  • Edge 経由でアクセスする各うウェブサイトごとに強力な独自のパスワードを作成し、パスワード盗難のリスクを軽減します。
  • より強力なパスワードが必要なアカウントを特定し、ワンクリックで強力なパスワードを生成します。
  • 写真、ドキュメント、ビデオファイルを保護します。
  • パスワードやその他のデータを記録レベルの暗号化で保護します。
  • Edge パスワードまたはファイルを他の Keeper ユーザーまたは信頼できるグループと直接安全に共有することができます。
Keeper が最高のエッジパスワードマネージャーである理由

Keeper を Microsoft Edge のパスワードマネージャーとして利用する

Keeper は使いやすく、世界中の Microsoft Edge ユーザーに信頼されています。Keeper を使用することで、自分の情報はどんな時も 100%暗号化されたままです。

close
close
日本語 (JP) お問い合わせ