close

壊滅的なデータ漏洩から医療機関を保護しましょう。

Keeper をご入手ください。パスワード関連のデータ漏洩やサイバー攻撃の脅威を防いでくれる最先端のサイバーセキュリティプラットフォームです。

医療のサイバーセキュリティはパスワードセキュリティから始まります。

93 %

の医療機関が過去2年間に漏洩を経験しています

$1.8M

医療に対するサイバー攻撃の平均コスト

81%

脆弱、初期設定、盗難パスワードを原因とするデータ漏洩の割合

医療産業は脅威に晒されています

医療産業が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流入を管理するための運用を強化するにつれて、組織およびネットワークシステムの主要な変更により、サイバー攻撃に対して脆弱になる可能性があります。サイバー犯罪者はすでに、医療情報技術、診療記録、および患者の安全に悪影響を与えるであろうフィッシングキャンペーンとランサムウェア攻撃で医療産業を標的にしています。

Keeper は、リモートワークであってもオンサイト勤務であっても、パスワード関連のデータ漏洩やサイバー攻撃の脅威からすべての従業員を保護する、究極のサイバーセキュリティ兼仕事効率化アプリケーションです。 Keeper は従業員にとって使いやすいだけでなく、組織のパスワードセキュリティポリシーへの準拠を容易にします。 Keeper は、アカウントごとに強固で独自のパスワードを自動的に生成します。従業員があらゆる場所であらゆるデスクトップやモバイルデバイスからアクセスできる安全なボルトにそれらを保管し、すべてのサイトとアプリで従業員のログイン認証情報を自動入力します。

3分のデモを視聴して、医療機関の保護がいかに簡単かを確認しましょう。

Keeper についての詳細を確認しますか? 30 分間のオンデマンドデモを視聴するか、医療機関向けにカスタマイズされたデモをリクエストしてください。

30 分間のデモを視聴する デモをリクエスト

医療機関が従業員のパスワードを保護するために Keeper を必要とする理由を学びましょう。

  • より高度なセキュリティ

    Keeper は、総合的なレポートと監査により、管理者が従業員のパスワード運用を完全に把握できるようにすることで、パスワード関連のデータ漏洩やランサムウェアを防止します。管理者は、従業員のパスワード習慣を制御し、強固で独自のパスワードや多要素認証(MFA)などのセキュリティポリシーを強制することもできます。

  • さらなる生産性

    Keeper は、アカウントごとに強固で独自のパスワードを自動的に生成します。従業員があらゆる場所であらゆるデスクトップやモバイルデバイスからアクセスできる安全なボルトにそれらを保管し、すべてのサイトとアプリで従業員のログイン認証情報を自動入力します。2FA コードも保存されます!従業員は別のパスワードをなくしたり忘れたりすることがなく、時間と手間を省き、パスワードのリセットに関するヘルプデスクリクエストをなくすこともできます。

  • 2 段階認証

    Keeper は、SMS、KeeperDNA®(スマートウォッチタップ)、TOTP(Google Authenticator や Authy など)、FIDO U2F(YubiKey など)、Duo、RSA SecurID などの 2 段階認証(2FA)をサポートしています。 2FA は、ロールベースのコントロールを通じて強制できます。

  • メールアドレスで自動プロビジョニング

    メールアドレスでドメインが一致する何千人ものユーザーに Keeper ボルトをプロビジョニングします。最小限の管理で、既存の電子メールチャンネルまたはポータルを使用して大規模な展開を実現できます。

  • HIPAA コンプライアンス

    Keeper は HIPAA に準拠しており、組織で活用し、電子的に保護された健康情報を安全に保管および共有できます。セクション164.308(a)(5) には、「パスワードを作成、変更、保護するための手順」が必要です。 164.312(a)(1) には、独自のユーザー識別子、緊急アクセス、および自動ログオフが必要です。 164.312(b) は、アクティビティログを含む監査ログを指します。


    Keeper を使用すると、医療機関は強固でランダムなパスワードを生成することができ、ユーザーのために自動入力できます。 Keeper は、ロールベースのアクセスコントロールを有効にして、最小特権ポリシーを強制します。フォルダと記録は安全に共有され、取り消すこともできます。退社した従業員のボルトは自動的にロックされ、安全に移動させることができます。


    Keeper ボルトへのアクセスログは、コンプライアンスや科学捜査のために監査可能です。 Keeper のゼロ知識アーキテクチャにより、エンドユーザーのみが Keeper ボルトにアクセスできるようになります。 Keeper Security はユーザーデータにアクセスできないため、HIPAA コンプライアンスにビジネスアソシエート契約(BAA)は必要ありません。

主要機能

  • 2 段階認証(2FA)で保護を強化
  • 安全なファイルのストレージと共有機能
  • OS やデバイスから独立したクラウドベース
  • レポート作成、監査、分析機能を備えた管理者コンソール
  • AD/LDAP プロビジョニングで迅速に展開
  • 24 時間 365 日のサポート

主な利点

  • 法規制の順守を維持
  • 従業員の作業効率を向上
  • パスワードポリシーや手続きを強化
  • ヘルプデスクのコスト削減
  • 最小限のトレーニングで迅速にセキュリティを向上
  • 従業員のセキュリティ意識と行動を改善

Keeper と主要 SSO ソリューションの統合

Keeper® SSO Connect はご利用中の IdP と統合されますので、SAML プロトコルをサポートしていないアプリケーションにとって完璧なソリューションとなります。Keeper ならば、ユーザーは特権アクセス、SSO 非対応パスワードをすべて保管できる安全な専用ボルト、デジタル証明書、暗号化キー、API アクセスキーを利用することも可能です。

G Suite
Amazon Web Services
f5
Microsoft
Microsoft Azure
okta
Centrify
Ping Identity
onelogin
CAS
JumpCloud
IBM Security

医療機関でのデータ漏洩を防ぐ準備は整いましたか?

無料体験を始める