close

ビジネス用パスワードやファイルを Keeper で安全に共有

Keeper ならば、企業全体で安全なパスワード共有や暗号化されたストレージを簡単に実現できます。今すぐご入手ください!

無料体験を始める

安全にパスワードを共有するために、企業がパスワード管理プラットフォームを使用すべき理由は?

従業員のアカウントやプロジェクトにおいて、チームメンバー同士でパスワードを共有しなければならない場合があります。例えば、IT 管理者同士がサーバーやデータベースアクセス用のパスワードを共有する状況が想定できます。その場合、システム全体におけるセキュリティ精度を向上させるために、パスワードを変更するたびに面倒な作業が必要となります。あるいは、従業員がソーシャルメディア・アカウントのような重要システムのパスワードをメール、Slack、その他の危険な方法で共有してしまう事態も想定可能です。

共有せざるを得ないパスワードをより安全に保護するために、Keeper のパスワード管理とセキュリティプラットフォームをご利用ください。Keeper は暗号化された安全なボルトを各従業員に割り当て、業務関連のパスワードをそこへ保管します。管理者アカウントは認証済みユーザーへのアクセスを制限したり、共有されたパスワードがデータ漏洩のリスクとならないように、パスワードへアクセスできる相手を管理することが可能です。

安全にパスワードを共有するために、企業がパスワード管理プラットフォームを使用すべき理由は?
一般的なパスワード共有方法がビジネスを危険にさらしてしまう理由。

一般的なパスワード共有方法がビジネスを危険にさらしてしまう理由。

スプレッドシート、メール、Slack、テキストメッセージ、付箋などを使用している従業員は、ビジネスを壊滅的なデータ漏洩リスクにさらしています。メールやテキストメッセージはサイバー犯罪者に傍受されてしまいます。テキストファイルやスプレッドシートに至っては暗号化されていません。

データ漏洩の 80%以上は脆弱あるいは不正使用されたパスワードに起因しているため、業務用パスワードを厳重に管理しながら安全に共有することが非常に重要です。

従業員が安全にパスワードを共有するために Keeper を採用する理由は?

高度なレポート作成とアラート

共有済みパスワードがアクセスあるいは変更されると即座にアラートで警告されます。その他に 100 種類以上のイベントタイプにも対応しています。メール、SMS、Slack、Microsoft チームなどからレポートやリアルタイムアラートが配信されます。

自動化されたチーム共有

Keeper は既存の Active Directory(AD)や Azure グループ から SCIM や Active Directory Bridge に至るまで、自動化されたチーム共有をサポートしています。

PKI 暗号化による安全なボルト間共有

Keeper は PKI 暗号による安全なボルト間共有を実現しているため、サイバー犯罪者がパスワードやその他送受信中の共有された記録を傍受することはできません。共有された記録へアクセスできるのは、指定された対象者のみに制限されています。

共有チームフォルダとカスタマイズされた許可

Keeper ならば IT 管理者が各チームメンバーの管理権限を制限するツールを内蔵した共有チームフォルダを作成することができます。管理者は各ユーザーが別ユーザーや記録を追加または削除できるかを指定することが可能です。さらに、管理者は記録の編集や共有をユーザーに許可するかをコントロールできます。管理者はパスワードをマスクすることができるため、従業員に表示しない状態でアクセスやパスワードを使用させることも可能です。

あらゆるソースから共有されたデータやフォルダをインポート

あらゆるソースからパスワードやその他の安全対策ファイルをインポートできます。CSV、JSON だけでなく、LastPass や KeePass のようなパスワードマネージャーからもインポート可能です。

貴社従業員はパスワードを安全に共有していますか?

無料体験を始める