弊社はサイバーセキュリティ意識向上月間を誇りを持ってサポートいたします。

組織、ご家族、個人がサイバー戦争に巻き込まれています。毎日のようにランサムウェアやその他のパスワードに関連したデータ漏洩の標的となっています。弊社のサイバーセキュリティ意識向上月間リソースセンターは、最も蔓延しているサイバー脅威からお客様を守るための究極のガイドです。

この記事を読み、自分自身、ご家族、組織のためにサイバーセキュリティを向上させましょう。

Keeper で #BeCyberSmart

組織のためのサイバーセキュリティリソース

適切な予防措置を講じない限り、あらゆる規模、あらゆる業界の組織がサイバー攻撃のリスクにさらされています。

自分の会社には起こらないと思っていませんか?Keeper の独自調査がそうでないことを証明しています。

もはや問題は、サイバー犯罪者がお客様の組織を標的にするか「どうか」ではなく、「いつ」標的にするかということです - そしてそれは、知らないうちにすでに起こっているかもしれません。

ネットワークやデータの安全性を保つために、できる限りのことをしていますか?ここでは、その手助けとなるリソースをご紹介します。

  • オンデマンドのウェビナー - ランサムウェアが組織運営に与える影響

    2021 年は「ランサムウェアの年」と言われています。どんな組織であっても、どんな場所であっても、被害に遭う可能性があります。

    Keeper の CEO 兼共同設立者である Darren Guccione 氏と世界的なサイバーセキュリティの専門家である Eric Cole 博士は、Keeper のランサムウェア被害レポートの結果を分析し、組織が被害に遭わないようにするために IT リーダーおよびビジネスリーダーが取ることのできる事前対策を発表しました。

  • Keeper ランサムウェア影響レポート - 2021 年

    ランサムウェアの攻撃は、内部プロセス、従業員の効率性、生産性に対してどのような影響を与えるのでしょうか?

    それを知るために、Keeper は Pollfish と提携し、過去 12 ヶ月間に雇用主がランサムウェア攻撃を受けたことのある米国内の従業員 2,000 人を対象に調査を行いました。

    無料レポートをダウンロードして、ご自身でご理解ください。

  • Keeper の職場におけるパスワード過誤レポート

    リモートワークの新常識は、パスワードセキュリティにどのような影響を与えているのでしょうか?リモートワーカーはパスワードを保護するための簡単なベストプラクティスに従っているのでしょうか、それとも「パスワード疲れ」に陥り、重大なサイバーセキュリティリスクにつながる悪い習慣に従事しているのでしょうか?

    Keeper は、米国内の 1,000 人のリモートワーカーを対象に、仕事に関連したパスワード習慣について調査を行い、いくつかの重大な問題を発見しました。

    無料レポートをダウンロードしてご覧ください。

Keeper のサイバー脅威リソースセンター

知識は力です!ブルートフォース攻撃からスミッシングまで、Keeper のサイバー脅威リソースセンターは、消費者や組織が直面している、最も蔓延しているサイバー脅威について学ぶためのワンストップの教育リソースであり、パスワードを保護するというシンプルな行為が最善の防御策となる理由を説明します。

View Full Resources Center

ソーシャルメディアで Keeper をフォロー

10 月中、Keeper はソーシャルメディアチャンネルで役に立つサイバーセキュリティのヒントと教育リソースを共有します。また、世界的なサイバーセキュリティの専門家やソートリーダーとのインタビューシリーズをライブストリーミングで配信し、以下のようなトピックについて議論します:

  • ホリデーショッピングシーズンに向けた e コマースのサイバーセキュリティを準備
  • 公共部門はどのようにしてサイバーセキュリティの方針と義務を実行すべきか
  • ソーシャルメディアのサイバーセキュリティへの影響
  • その他多数

ライブストリームやその他の「サイバーセキュリティ意識向上月間」のコンテンツや教育についての詳細は、ソーシャルメディアでフォローしてください。また、ハッシュタグ「#BeCyberSmart」をぜひご利用ください。

Keeper のフォローはこちらから:

Keeper の注目ブログ

    Keeper に関連する注目ニュース

      close
      日本語 (JP) お問い合わせ
      無料で試す