ITインフラストラクチャーへの
安全なリモートアクセスを実現

リモートセッションを確立し、特権アクセスを管理・監査。
セッションをリアルタイムで記録します。

お問い合わせ

ITインフラストラクチャーへの安全なリモートアクセスを実現

リモートシステムへの安全なアクセス

Keeperコネクションマネージャーの詳細な評価ガイド

Keeperコネクションマネージャー(KCM)とは?

RDP、SSH、データベースとKubernetesのエンドポイントにウェブブラウザを通した瞬時のアクセスが可能に

IT管理者や​​開発者チームは、設定やトラブルシューティングのような通常の業務を実行するために、サーバーやデータベースのような重要なインフラストラクチャーにアクセスする必要があります。

Keeperのコネクションマネージャーを使えば、エンドポイント、アプリケーション、ルートアカウント、その他の重要なシステムに安全かつ簡単にアクセスすることができます。

  • 安全なリモートアクセス: エージェントレスで高速かつ使いやすいインターフェイスにより、システムやサーバーにリモートアクセスが可能です。
  • マルチプロトコル対応: RDP、SSH、VNC、Kubernetesなどの複数のプロトコルをサポートし、さまざまなタイプのリモート接続に対応できます。
  • 一元管理: IT管理者は、エンドユーザーに認証情報を公開せずに、権限やアクセス権を管理できます。
  • ユーザーセッションの記録と追跡: セッションを記録し、監査ログを維持します。数多くのITセキュリティ基準や規制を遵守するための重要な機能です。
  • コラボレーションと効率性の向上: 多数ユーザーの状況をリアルタイムで監視でき、セッションへの参加も可能。複数の端末への同時接続や、セッション録画内の必要なデータを簡単に特定できるので、監査者の作業負担の軽減に繋がります。

Keeperコネクションマネージャーでできること

特権セッション管理を即座に実現。エージェントレスで、シンプルなアクセス制御を提供します。

特権セッション管理を即座に実現。

エージェントレスで、シンプルなアクセス制御を提供します。

主な機能:

  • RDP、SSH、K8s、VNC デスクトッププロトコル
  • MySQL、PostgreSQL、SQL Server データベース接続
  • セッションの記録
  • 複数ユーザーによるセッション共有
  • ロールベースのアクセスコントロール
  • 二要素認証(2FA)
  • Active Directory、SSO、LDAPとの統合
  • カスタムブランディング

セットアップ

オンプレミスまたはクラウドに関わらず、お使いのネットワーク上に Keeperコネクションマネージャー をセットアップしましょう。

簡単に設置可能

簡単に設置可能

Keeper コネクションマネージャー(KCM)は、仮想、オンプレミスまたはクラウド環境にインストールすることができるエージェントレス・リモートデスクトップ・ゲートウェイです。導入方法は、数分で設置が可能です。オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドなどの環境でもDockerを利用した、柔軟、迅速かつコスト効率の高い導入が可能です。KCMは、SSO、Active Directory、LDAPなど様々な認証方法に対応しています。

接続

ウェブブラウザを使用して、どこからでも簡単にマシンに接続することができます。

ウェブブラウザだけで即座に利用可能

特別なプラグインやソフトウェアは必要ありません。ウェブサイトへアクセスしてログインするだけで、スマホなどのモバイル端末でも使用可能です。

エンドユーザーは、最小特権の原則に基づき、仕事や作業に必要な接続時のみアクセスが許されます。

作業手順は以下の通りです:

  • 接続マネージャーの起動
  • 一度に複数の接続から、表示、管理、ファイルのアップロードやダウンロード、入力設定の変更が可能
  • 接続マネージャーへのアクセスを共有
  • すべてのセッションタイプの画面とキー入力を記録
ウェブブラウザだけで即座に利用可能

統合

多くのサードパーティシステムやプロトコルと統合できるように設計されています。

マルチプロトコル対応

マルチプロトコル対応

共通ゲートウェイを介して、複数のプロトコルをサポートします。

管理者は、Webインターフェイスを使用して、簡単に新しい接続を設定し、定義し、その接続のプロトコルを選択することができます。

以下のようなプロトコルに対応:

  • VNC
  • RDP
  • SSH
  • Telnet
  • Kubernetes
  • MySQL
  • PostgreSQL
  • Microsoft SQL サーバー

VPN不要でどこからでもリモートデスクトップ接続を安全に管理

Keeper コネクションマネージャーは、ユーザーがどこにいても、ウェブサイト、アプリケーション、その他サービスなどのオンラインリソースへの安全な接続を実現します。VPN不要で安全なリモートインフラストラクチャーとデータベースアクセスを保証します。

パスワード関連のデータ漏洩やサイバー脅威から組織を保護するその他Keeperの製品と簡単に同期できます。

よくある質問

Keeper Connection Manager をインストールするには?

Keeper Connection Manager は Docker コンテナが動作する Windows、Linux、クラウド環境にインストールすることができます。手 順 は こちらからご覧いただけます

どのようなプロトコルに対応していますか?

VNC、RDP、SSH、Telnet、Kubernetes、MySQL、PostgreSQL、Microsoft SQL Server です。

多要素認証は利用できますか?

はい、Keeper Connection Manager は MFA 用に Duo または TOTP をサポートしています。Azure や Okta などの SSO を使用している場合、多要素認証をアイデンティティプロバイダ上で有効にすることができます。

ユーザーはクライアントマシンに何かをインストールする必要がありますか?

いいえ、ユーザーに必要なのはウェブブラウザとインターネット接続だけです。Keeper Connection Manager はクライアントレス、エージェントレスのソリューションです。

ユーザーは認証時にネットワーク全体にアクセスすることはできますか?

いいえ。KCM は最小特権の原則を利用しています。ユーザーは管理者によって明示的に許可された接続にのみアクセスすることができます。

Keeper Connection Manage の内部で、接続認証情報をハードコーディングしない方法はありますか?

はい。 Keeper Connection Manager は Keeper Secrets Manager と直接統合されているため、管理者はサーバー上で接続を設定し、クレデンシャルを Keeper の暗号化ボルトに保管できます。

Apache Guacamole からKeeper Connection Manager へと移行する方法は?

Keeper Connection Manager のパッケージは上流工程と同じ設定ファイルとデータベーススキーマを使用しているので、同じデータを移転し、設定をコピーすることで、簡単にデプロイメントを置き換えることができます。さらに、Keeper Connection Manager が RPM を使用してインストールされた場合、拡張機能向けの既存の Keeper Connection Manager パッケージもインストールする必要があります。

close
close
日本語 (JP) お問い合わせ