CHIP Testsieger

Keeper hat den Passwort-Manager CHIP Test gewonnen.

Mehr erfahren

最新の特権アクセス管理ソリューション

Most Promising Enterprise Security 2021 G2 Enterprise Leader Winter 2024 Global Infosec Award Winner Cyber Defense Magazine 2023

情報漏洩の 74%には人的要素が関与しており、その大半はパスワード、クレデンシャル、シークレットの盗難や脆弱性によるものです。

Verizon社データ漏えい調査報告

あらゆる場所の、あらゆるデバイスにおける、あらゆるユーザーへ向けたシンプルな特権管理

サイバー攻撃のリスクを低減し、内部および外部の脅威ベクトルを防ぐために、すべての組織がパスワード、クレデンシャル、シークレット、接続を保護する必要があります。

Keeper Security の次世代型特権アクセス管理ソリューションは、エンタープライズグレードのパスワード、シークレット、特権接続管理を 1 つの統合プラットフォームで提供しています。

エージェントレス、クライアントレス

迅速かつ簡単に展開

シンプルな価格設定

実装費用なし

運用コストの削減

50 以上の統合機能

従業員とデバイス保護のために攻撃面を減らします
Keeper は、従来の PAM ソリューションのような複雑さなしに、特権アクセス管理(PAM)の最も重要なコンポーネントを提供します。

従業員とデバイス保護のために攻撃面を減らします

Keeper は、従来の PAM ソリューションのような複雑さなしに、特権アクセス管理(PAM)の最も重要なコンポーネントを提供します。

  • 特権アカウントとセッションの管理 (PASM)
  • シークレット管理
  • シングルサインオン(SSO)統合
  • 特権アカウントのクレデンシャル管理
  • クレデンシャル保管とアクセス制御
  • セッションの管理、モニタリング、記録
  • 特権昇格と委任管理(PEDM)

リモートアクセスに関する一般的な課題を克服

Keeperコネクションマネージャー (KCM) でリモートブラウザ分離 (RBI) 技術を使用することで、安全で効率的なVPNを伴わないアクセスを実現するための画期的なソリューションをご利用になれます。

ウェブブラウジングをエンドユーザーのデバイスから安全に隔離し、制御されたリモート環境でブラウジングセッションを行うことでサイバーセキュリティの脅威を軽減します。

  • VPN なしで安全にアクセス VPN を使用せずにウェブサイトやツールに安全にアクセスできるようにします。
  • ウェブセッションの録画 ウェブサイトでのやり取りを完全に記録することで、オペレーティングシステムへの完全なアクセスを付与しなくともコンプライアンスと監査要件を満たします。
  • 制御されたウェブブラウジング 安全なブラウザ環境内で事前承認済みの URL へのアクセスを付与し、セキュリティと生産性を向上
  • パスワードを自動入力 認証情報をユーザーのデバイスに送信せずに分離したブラウザセッションに自動入力します。
リモートアクセスに関する一般的な課題を克服
異なる PAM ツールを統一されたプラットフォームに統合

異なる PAM ツールを統一されたプラットフォームに統合

Keeper の特許取得済みの PAM ソリューションにより、組織内のすべてのデバイス上のすべての特権ユーザーに対する完全な可視性、セキュリティ、制御、レポート作成を実現します。このプラットフォームにより、ゼロトラストとゼロ知識セキュリティ、そして 3 つの不可欠な製品を 1 つの SaaS プラットフォームに統合する(限られた IT スタッフのみを必要とする)ことで、コンプライアンスを強化します。

Keeperパスワードマネージャー (EPM)

パスワードの安全な管理、保護、検出、共有、ローテーションを可能にし、完全な制御と可視化により、監査とコンプライアンスを簡素化します。

詳しくはこちらをご覧ください

Keeper Connection Manager (KCM)

VPN 不要で、特権セッションの即時管理、インフラのリモートアクセス、そして RDP、SSH 鍵、データベース、Kubernetes エンドポイントへの安全なリモート・データベース・アクセスを可能とするエージェントレスのリモートデスクトップ・ゲートウェイを提供します。

詳しくはこちらをご覧ください

Keeper Secrets Manager (KSM)

API 鍵、データベースクレデンシャル、アクセス鍵、証明書などのインフラのシークレットを保護する、フルマネージド型のクラウドベース・ソリューションを提供します。

詳しくはこちらをご覧ください
業界をリードするKeeperの統合機能でインフラを保護

業界をリードするKeeperの統合機能でインフラを保護

業界をリードするKeeperの安全性でコンプライアンスに対応

ISO 27001

ISO 27001

SOC 2

SOC 2

FedRAMP

FedRAMP

StateRAMP

StateRAMP

HIPAA

HIPAA

GDPR

GDPR

PCI DSS Level 1

PCI DSS Level 1

TRUSTe

TRUSTe

Level 1

Level 1

FIPS-140-2

FIPS-140-2

よくある質問

PAM ソリューションとは?

PAM ソリューションは、IT インフラを管理または構成する人々やマシンが使用する特権アクセス管理ソリューションです。PAM ツールは、機密性の高いシステムやデータへのアクセス許可を持つ、組織内で最も安全なアカウントへのアクセスを制限およびモニタリングするために使用されます。

PAM はソフトウェアですか?

はい、PAM はソフトウェアソリューションです。きめ細かい許可とロールベースのアクセス制御を可能とし、クレデンシャルの不正使用を防止し、コンプライアンス基準をサポートします。

なぜ PAM が使われているのですか?

PAM は、特定のシステムやデータにアクセスできる人物を管理するために使用されます。PAM ソリューションは、特権アカウントへのアクセスとアクティビティを厳密にモニタリングし、規制や業界のコンプライアンス要件も維持しつつ機能します。これには、きめ細かな認証機能、自動化と承認、セッションの記録、ジャストインタイム・アクセスによるユーザー認証が含まれます。

一般的に、特権ユーザーは、IT およびセキュリティ管理者、人事担当者、経営幹部、または特権システムへのアクセスを必要とするその他の個人です。また、PAM は特権ユーザーがアクセス権を誤用することを防ぎ、サイバーリスクを軽減します。

PAM は簡単に実装できますか?

ほとんどの PAM ソリューションは複雑で高価ですが、Keeper の特権アクセス管理ソリューションはユーザーや組織あたりのコストを抑えて、簡単かつ迅速に実装することができます。弊社の特権アクセス管理ソリューションは、エージェントレス、ゼロタッチのクラウドアーキテクチャを通じて提供され、特権アクセス機能を迅速に展開することができます。

Keeper は PEDM 機能を提供している?

はい、Keeper は特権昇格と委任管理(PEDM)機能を提供しており、きめ細かいレベルでユーザーにアクセス権を付与します。Keeper は、委任管理、ノード、ロールベースのアクセスコントロール(RBAC)および強制ポリシーを活用することで、親会社、子会社、支店、部門、ユーザー、チーム、ロールにアクセス権および使用権を明確に割り当てることができます。 また、各ユーザーのボルト内のフォルダレベルと記録レベルで、きめ細かい管理および制御を割り当てることもできます。Keeper の PEDM 機能の詳細をご覧ください。

close
close
日本語 (JP) お問い合わせ