Securely transfer your LastPass vault to Keeper in just a few seconds.

仕組みを確認
CHIP Testsieger

Keeper hat den Passwort-Manager CHIP Test gewonnen.

Mehr erfahren

エンタープライズ向けパスワード管理

エンタープライズ向けのパスワード管理ソリューションで、
ランサムウェアなどの脅威から常に大切な情報を保護します。

Most Promising Enterprise Security Solution Provider 2021 Award. G2 Leader Enterprise Spring 2023 Award. Global Infosec Award Winner Cyber Defense Magazine 2022

国内と世界で信頼されて、数万社以上の導入実績

cancerscan
square enix
finetoday
hennge
bengoshi
populus
marusan
yayoi
yaoko

日本で猛威を振るうランサムウェア

企業のデジタル化の進展、接続デバイスやリモートワークの普及などを背景に、ランサムウェアによる被害が増加しています。

日本では、クレデンシャルスタッフィングがランサムウェアの主な侵入口の一つに

日本企業にとってクレデンシャルの保護は、セキュリティ上の重要課題です。この種のサイバー攻撃は、ますます頻発するようになり、多くの企業に影響を及ぼしています。 具体的な被害例としては、ネットワークやデータへの不正アクセス、重大な経済的損失や風評被害などが挙げられます。
Keeperを導入することで、ユーザーやチームのパスワードを暗号化されたボルト(安全な保管庫)で安全に保護し、ランサムウェアなどの脅威から常に大切な情報を守ります。

無料トライアルを始める

人的要素が関係するデータの
漏洩・侵害の割合。その大半は
パスワードの盗難や脆弱性

ダークウェブ上に流出した
パスワードの数

2,300万人のアカウント所有者が

2,300万人のアカウント所有者が
「123456」というパスワードを使用

Keeper パスワードマネージャーとは?

企業におけるパスワード管理の最適解

Keeperのパスワードマネージャーは、リアルタイムでリスクの監視と削減、多くの監査ログやレポート機能を備え、従業員のパスワードのセキュリティと安全性を可視化します。また、ロールベースのアクセス制御(RBAC)や共有の権限設定など、適切に特権アクセスを管理、保護することが可能となります。

30分間のデモを視聴する

サイバー犯罪からパスワード等の認証情報を保護

Keeperは高度なゼロ知識暗号化の仕組みで、パスワード等の認証情報や機密データを安全に保存。従業員は使用するすべてのシステムやアプリケーションにおいて、簡単かつ安全にパスワードを
生成・保存・共有することができます。

サイバー犯罪からパスワード等の認証情報を保護

ランサムウェア攻撃を阻止: Keeperではサイバーセキュリティ業界において最も強固な暗号化と認められているAES-256暗号化技術と楕円曲線暗号化 (ECC)を採用しています。世界基準の高度なセキュリティで、ランサムウェアなどの脅威から常に大切な情報を保護。Keeperのセキュリティアーキテクチャの詳細については、こちらをご覧ください。

クロスプラットフォーム互換性: あらゆるデバイスからアクセス可能なKeeperは、Windows・Mac・Linux・iOSとAndroidを含むすべての主要なオペレーティングシステムをサポートしています。

効率性と生産性の向上: 強力で複雑なパスワードを自動で生成し、保存するためパスワードを覚える必要がありません。また、KeeperFill®機能で、ウェブサイトやアプリにログインする際に自動で入力でき、業務の生産性や効率性向上が期待されます。

パスワードを安全に共有: Keeperは、従業員が仕事関連のパスワードを保存し、共有するための安全で暗号化されたボルト(安全な保管庫)を提供します。また、IT管理者は、許可されたユーザーだけにアクセス権限を付与することで、誰がどのパスワードにアクセスできるかを制御することができます。

二要素認証 (2FA): Keeperは完全に統合されたセキュリティレイヤーを持っており、2FAコードをデータのボルトへ直接追加することで、利便性とセキュリティの向上を実現します。

ITチームに高い可視性・セキュリティ・コントロールを提供

Keeperの管理コンソールは、直感的でわかりやすく、パスワード管理に必要な手順を簡素化します。
管理者コンソールのダッシュボードでは、組織全体のパスワード利用状況が可視化されるので、
セキュリティの強化が可能で、サイバー攻撃からの脅威を削減します。

ITチームに高い可視性・セキュリティ・コントロールを提供

主なメリット

アクセス制御: IT管理者は、チームやグループから個々のユーザーレベルまで、機密データや認証情報へのアクセス権限をカスタマイズすることができます。

強力で複雑なパスワードへの規制: 組織全体で強固なパスワードポリシーを導入・実施し、社内外のセキュリティ規制コンプライアンスを確保します。

信頼できるセキュリティレポートの作成: 使用状況・コンプライアンス・セキュリティイベントを追跡する詳細なレポート機能や監査ログにより、脅威を事前に検知するため、早期に対策を講じることができます。

ダークウェブモニタリング: BreachWatch®機能で、ダークウェブサイトで公開されているパスワードを監視し、漏洩したパスワードをすぐに検知。アカウント乗っ取りなどのリスクに即座に対処を行うことが可能となります。

既存ソリューションとの連携: Keeperはシングルサインオン(SSO)・セキュリティ情報イベント管理 (SIEM)・多要素認証 (MFA) およびパスワードレステクノロジーと容易に連携できます。

導入事例 - FineToday

アジア大手で、日本の化粧品会社であるFineTodayがKeeper Securityの活用で、どのようにパスワードを
安全に管理し、利便性・生産性・セキュリティレベル
を向上させたかをご紹介します。

Keeperで完全なパスワードレスへの移行

Keeperで完全なパスワードレスへの移行

Keeperを既存のシングルサインオン(SSO)ソリューションおよびバイオメトリックソリューションと組み合わせることで、簡単かつコスト効率良く完全な「パスワードレス」を実現することができます。

  • 従業員がパスワードや個人情報を保存、自動入力するための安全なクラウドのボルトを提供
  • シングルサインオン(SSO)プロバイダやパスワードレスプロバイダとの連携で、ユーザーはマスターパスワードを使用せずに、ボルトの記録にアクセスすることができます。

[Keeper SSO Connect®でSSOソリューションを強化および機能拡張]

包括的な監査ログやレポート機能で各種コンプライアンスへの対応を支援

Keeperパスワードマネージャーは、監査対応やコンプライアンス対応の効率化を実現。
以下の規制をはじめとする、数多くの法規制に対するコンプライアンスの確保を支援します:

  • 個人情報保護法(APPI)
  • サイバーセキュリティ基本法
  • 経済産業省 サイバーセキュリティ経営ガイドライン
  • 重要インフラ保護(CIP)
  • ISO/IEC 27001などの国際規格への準拠
  • マイナンバー法および関連する個人情報保護法
  • 金融分野におけるコンプライアンス
  • 電気通信事業法
包括的な監査ログやレポート機能で各種コンプライアンスへの対応を支援

Keeperのセキュリティモデルについて

Keeperは、ゼロトラストフレームワークとゼロ知識セキュリティアーキテクチャを利用してパスワードや機密情報などを保護し、データ漏洩のリスクを軽減します。デバイスレベルの楕円曲線暗号と多層暗号化(データ保管庫・フォルダ・レコードレベル)、多要素および生体認証、FIPS-140-2検証済みAES-256ビット暗号化+PBKDF2を組み合わせており、企業のパスワード管理には最適といえます。

手軽に始められるセキュリティ対策

Keeperは低コストで迅速な導入・運用が可能。

Keeperをお勧めするポイント

Keeperをお勧めするポイント

IT管理者が1対多ユーザーのパスワード管理を行う上で、セキュリティが高く日本語対応で尚且つユーザーでもわかりやすいUIの製品は多くはありません。その中でも、Keeperは機能が網羅されているので管理しやすいです。また同期が早く、チームでの使用も簡単です。

Keeperの利点

Keeperの利点

社内WebサイトやLinkedInアカウント等のパスワードを安全に保存し、社員間で簡単に共有することができます。また、パスワード保存時に関連データや画像もアップロードできるので、パスワードと同時に重要なデータや画像も安全に保存できます。

業種:運輸 職種:
経営・経営企画職
従業員規模:20人未満

Scott T. - エンタープライズ

解決した課題やメリット

従来の認証情報の共有方法では、情報漏洩につながるリスクがありました。Keeperの導入で、グループ内またはグループを跨いだでの認証情報の共有が安全に行えるようになりました。また、SSO Connectを用いることで、ユーザのプロビジョニングが自動で行えるようになり、工数の削減につながりました。

業種:
精密機械
職種:
プログラミング・テスト
従業員規模:
20人未満

解決した課題やメリット

解決した課題やメリット

多くのSaaSやサービスを利用して業務効率を上げたい反面、セキュリティ上の懸念から、会社の方針により新規利用が禁止されることもありました。Keeper導入後はそのハードルが下がり、業務効率が上がりました。

業種:
ソフトウェア・SI
職種:
営業・販売・サービス業
従業員規模:
100人-300人

解決した課題やメリット

解決した課題やメリット

メールや紙などで認証情報を送るのは、セキュリティ面で問題があり、管理しやすい方法を模索していました。一時的にパスワードを見せたい場合に、Keeperの「ワンタイム共有」が便利です。特定のデバイスでしかアクセスできないなどの権限設定や、期間も設定できるなど、セキュリティ強化・大幅な業務改善につながりました。

業種:
その他
職種:
ITコンサルタント
従業員規模:
100人- 300人

close
close
日本語 (JP) お問い合わせ