KeeperPAM と CyberArk の比較PAM ソリューションの比較

CyberArk のデプロイメントに無駄にかかる時間、お金、リソースにうんざりしていませんか?Keeper に切り替えて、より良い価格でシンプルに PAM を導入しましょう。

デモをリクエスト

IT プロフェッショナルは統一されたプラットフォームを求める

IT リーダーの 84%が、2023 年は PAM ソリューションをシンプルにしたいと答えています。

不要な PAM 機能が使われなくなる

IT チームは平均して、現在の PAM 機能の 62%しか使用していないと報告しています。

従来の PAM は複雑すぎる

IT リーダーの 56%が、PAM ソリューションの導入を試みたが、完全には導入できなかったと回答しています。

Keeper と CyberArk の比較表

Keeper Secrets Manager

CyberArk

特権アカウントとセッションの管理 (PASM)
はい
はい
シークレット管理
はい
はい
ゼロトラスト
はい
はい
ゼロ知識
はい
いいえ
エージェントレス
はい
いいえ
透明性のあるセキュリティ
はい
いいえ
パスワードとシークレットの一元管理
はい
いいえ
パスワード自動入力
はい
いいえ
ブラウザ拡張機能
はい
いいえ
セッション管理
はい
はい
パスワードボルト
はい
はい
SSO
はい
はい
MFA
はい
はい
ベンダー特権アクセス
はい
はい
パスワードローテーション
はい
はい
アカウントディスカバリー
2024 年登場
はい
特権昇格と委任管理(PEDM)
いいえ
はい
クラウド・インフラストラクチャ・エンタイトルメント管理 (CIEM)
いいえ
はい
カスタマーフレンドリーなアプリ
高評価
中評価
災害復旧
シームレス
難しい
デプロイメント
簡単
難しい
カスタマイズ可能なレポート
ドロップダウンから選択
SQL クエリを要求
使いやすさ
簡単
難しい
料金
低い
高い
運用コスト
低い
高い
実装コスト
なし
高い
迅速な ROI
時間
ヶ月
マニュアル
素晴らしい
欠落
シークレットアクセスのためのプラグインと SDK
多くの
少しの
特権的なセッション管理
はい
はい
特権セッション管理のデータベースへの直接接続
はい
* プラグイン経由
FedRAMP 認証
はい
いいえ
StateRAMP 認証
はい
いいえ
SOC2 準拠
はい
はい
ISO27001 準拠
はい
はい
カスタマーサポート
専用
平凡
アップタイム
99.9%
99.5%

完全な比較表を表示

KeeperPAM と CyberArk の比較: 特徴とカテゴリー

PAM ソリューションは、Apache Guacamole を利用しています。

CyberArk の特権セッション管理ゲートウェイのコアコンポーネントは、Apache Guacamole というオープンソースの製品で動作しています。

Keeper もそうです。しかし、Keeper の特権アクセスチームは Apache Guacamole のオリジナル開発者と議長をと擁しています。Keeper は Guacamole の継続的な開発に投資しており、エンタープライズインストーラーや直接データベースに接続する機能などを備えた Keeper Connection Manager (KCM) を作成しました。Keeper 社は、当社のポートフォリオ独自の機能を開発することに専念しているため、KCM は他の PAM ソリューションよりも優れたものとなり、オープンソースコミュニティを前進させています。

PAM ソリューションは、Apache Guacamole を利用しています。
価格と運用コスト

価格と運用コスト

ユーザーは、CyberArk の価格設定が Keeper よりはるかに高く、より複雑であると報告しています。また、CyberArk は特定のアップグレードのためにプロフェッショナルなサービスを必要とします。CyberArk の財務概要によると、CyberArk の収益の約 40%は「メンテナンスとプロフェッショナルサービス」によるもので、主要なアップグレードには高価なサービスが必要となる場合があります。

KeeperPAM は、お客様のニーズに応じて拡張できるように設計されています。実装費用は無く、低めの定額料金で世界クラスの PAM 機能を利用することができます。

エージェントレス、クライアントレス

CyberArk は、その機能の多くにエージェントを使用しています。また、様々な異なるサーバーコンポーネントのインストールが必要になる場合もあります。ユーザーがアクセスする内容によっては、ボルト、特権ボルトアクセス(PVWA)、セントラルポリシーマネージャー(CPM)、Privileged Session Manager(PSM)、SSH 用 PSM、Privileged Threat Analytics(PTA)、さらに高可用性や負荷分散のためのインストールも必要な場合があります。

Keeper Connection Manager (KCM) は、Windows または Linux ゲートウェイへと簡単に導入でき、エージェントやクライアントを必要とせずに初めから SSH と RDP をサポートしています。エンドユーザーは、標準的なウェブブラウザから KCM の超高速で、高レスポンスのインターフェイスにログインすることで、サーバーにアクセスします。

エージェントレス、クライアントレス
従来的なシークレット管理と最新のクラウドベースのシークレット管理の比較

従来的なシークレット管理と最新のクラウドベースのシークレット管理の比較

CyberArk は、従来はオンプレミスで展開されていましたが、近年ではクラウドオプションが追加されています。

Keeper Secrets Manager (KSM) は KeeperPAM プラットフォームの一部であり、初めからクラウド用に最適化されています。フルマネージドのクラウドベースソリューションでインフラシークレットやその他の機密データを保護します。KSM では、保護されたゲートウェイを宛先環境に 1 つインストールするだけです。パスワードと機密情報を単一の使いやすい UI にまとめることにより、IT 管理者は複雑なポリシーを簡単に管理することができ、詳細なレポートを作成することができます。

ゼロ知識、ゼロトラスト

CyberArk のような PAM ソリューションは、通常では「ゼロ知識」アーキテクチャを持っているとは主張しません。Keeper は常に暗号化とプライバシーのために市場標準を上回っています。Keeper のエコシステム全体が設計上においてゼロ知識ゼロトラストとなっています。Keeper がお客様のデータにアクセスすることはできません。

Keeper のセキュリティモデルは、高度に安全な環境で使用するために検証されており、同業他社に先んじて(様々な認証の中でも )FedRAMP および StateRAMP 認証を取得しています。

ゼロ知識、ゼロトラスト
広くアクセス可能なパスワードツール

広くアクセス可能なパスワードツール

CyberArk のような従来の PAM 製品は高価で、オンプレミスでの管理が必要で、使い方が難しく、デプロイメントが困難で時間がかかり、あらゆる場所からあらゆるデバイスにおける全てのユーザーをモニタリング、保護するようなことはできません。

Keeper の次世代型、ゼロトラスト、ゼロ知識 の PAM ソリューションは、世界中の何千もの組織と何百万人もの人々から信頼されている業界トップレベルのセキュリティを提供しつつも、費用対効果が高くて使いやすく、プロビジョニングも迅速で、最小限の IT スタッフで済みます。最高のセキュリティを維持しながら、どんなデバイスでも、どんな場所からでも Keeper へアクセスすることができます。

従来の CyberArk PAM ソリューションから移行する準備はよろしいですか?
今すぐ Keeper の次世代特権アクセス管理プラットフォームに切り替えましょう。

デモをリクエスト

close
close
日本語 (JP) お問い合わせ