Keeper と Microsoft Entra ID(旧 Azure Active Directory)の統合。

SSO セキュリティギャップを解消し、ユーザーにゼロ知識パスワード管理を提供するために Keeper と Microsoft Entra ID を統合すべき理由についてご覧ください。

Keeper Security で CMMC を促進

Keeper + Entra ID = すべてのアプリケーションへのアクセスをロック解除

Keeper と Entra ID を統合することで、ログイン体験が簡素化され、管理者はワンクリックでプロビジョニングできるようになります。ユーザーが必要とするすべてのアプリケーションへと安全で簡単にアクセスできることで、Entra ID デプロイメントを強化します。

SSO でカバーされていないアプリケーションを保護

Keeper の先進的なパスワード管理とパスキー管理に Entra ID の機能を組み合わせ、すべてのアプリケーション、サービス、およびウェブサイトにアクセスしやすく、安全に管理されていることを確実にすることで、セキュリティを拡張します。Keeper は Entra ID に接続されていないすべてのアプリケーションにクレデンシャルを自動入力し、エンドツーエンドで暗号化されたアクセスを実現します。

複雑さを軽減

一般的に、組織にとって Entra ID 環境に SAML ベースのアプリケーションをセットアップするのは面倒なプロセスであるため、ほんの一握りしかセットアップしません。Keeper は、ユーザーが毎日必要とするツールへのシームレスなアクセスを提供することで、このギャップを埋めます。

クレデンシャルにマスターパスワードなしでアクセス

Keeper と Entra ID を組み合わせることで、ユーザーは Keeper ボルトに認証するために Entra ID クレデンシャルを使用して、シームレスなログイン体験を楽しむことができます。

Time to Value(価値実現までの時間)を即座に実現

Keeper は Azure Marketplace 内で利用でき、簡単な設定でデプロイメントを加速します。

ジャストインタイムプロビジョニング

Keeper と Entra ID を統合することで、管理者はジャストインタイムプロビジョニングを利用でき、ユーザーアカウントの作成を自動化することでデプロイメントを簡素化することができます。

アクセス管理の一元化

Keeper は Entra ID 内の条件付きアクセスポリシーと互換性があり、Entra ID から Keeper に既存のチームを同期することで、管理者の自動プロビジョニングを促進します。

オンボーディングとオフボーディングをシンプルに

Keeper はユーザーとチームの自動プロビジョニングのために、業界標準の SCIM プロトコルと統合し、新規雇用者のオンボーディングプロセスを簡素化します。従業員が解雇または退職すると、彼らの Keeper ボルトは自動的にロックされます。

Keeper と Entra ID で完全なカバレッジを実現

Keeper と Microsoft Entra ID を組み合わせて組織に導入することで、以下のユースケースに見られる機能とセキュリティのギャップをすべて解決することができます。

使用事例

Keeper

SSO アイデンティティプロバイダ

パスワードベースのアプリ
パスワードベースのアプリ
いいえ
共有パスワードと秘密
共有パスワードと秘密
いいえ
パスキー管理
パスキー管理
いいえ
時間制限付きアクセス
時間制限付きアクセス
いいえ
パスワードの自動ローテーション
パスワードの自動ローテーション
いいえ
暗号化されたデータストレージ
暗号化されたデータストレージ
いいえ
ソーシャルメディアサイト
ソーシャルメディアサイト
いいえ
記録の履歴
記録の履歴
いいえ
ネイティブアプリ
ネイティブアプリ
いいえ
オフラインアクセス
オフラインアクセス
いいえ
SSH キーと SSL 証明書
SSH キーと SSL 証明書
いいえ
API クレデンシャル
API クレデンシャル
いいえ
暗号化されたプライベートファイル
暗号化されたプライベートファイル
いいえ
ゼロ知識の暗号化
ゼロ知識の暗号化
いいえ
SAML ベースのアプリ
SAML ベースのアプリVia KeeperSSO Connect®
SAML ベースのアプリ
完全な比較を見る

Keeper SSO Connect® で SSO セキュリティの欠陥を補完

Keeper SSO Connect は Keeper のゼロ知識セキュリティアーキテクチャ を活用して、安全かつシームレスにユーザーを Keeper ボルトへと認証し、Entra ID ログインを使用して動的にユーザーボルトをプラットフォームにプロビジョニングします。

Keeper SSO Connect<sup>®</sup> で SSO セキュリティの欠陥を補完

あらゆる環境で迅速に展開可能

  • SSO、マスターパスワード、または完全なパスワードレスエクスペリエンスでユーザーをプロビジョニング
  • SSO 使用不能時にオフラインでボルトアクセス可能
  • SCIM 経由でボルト、チーム、ロールを自動プロビジョニング
  • ジャストインタイムプロビジョニングをサポート
  • クラウド、オンプレミス、ハイブリッド環境をサポート
  • インストールや展開にかかる時間はほんの数分

Keeper は主要アイデンティティプロバイダすべてと統合されています

Microsoft Entra ID (Azure AD) と O365

Entra ID / Azure AD および O365

Active Directory フェデレーションサービス

Active Directory フェデレーションサービス

Google Workspace

Google Workspace

Okta

Okta

DUO

DUO

OneLogin

OneLogin

JumpCloud

JumpCloud

その他多数

その他多数

準備はよろしいですか?

close
close
日本語 (JP) お問い合わせ