教育機関向けのゼロトラストサイバーセキュリティ

Keeper はゼロトラスト、ゼロ知識のセキュリティで組織のパスワード、クレデンシャル、シークレットを保護します。

教育現場におけるセキュリティの課題

が高等教育機関のデータ漏洩における記録あたりのコストです(業界平均より 40%高い)1

の漏洩が脆弱なパスワードや盗まれたパスワードから始まっています3

の高等教育機関のサイバーセキュリティに関する事件や漏洩は、ソーシャルエンジニアリング攻撃に引き起こされています2

ゼロトラストのサイバーセキュリティは、キャンパスの内外を問わず、学生や職員を守るために不可欠です。17 の主要産業のうち、教育機関のサイバーセキュリティ対策は最下位にランクされています。4 つの教育機関が、幼稚園から高等教育において、あらゆるレベルの職員や学生の個人情報を含む、脆弱なデータの安全を確保することを任されています。

リモート教育の増加に伴い、教育機関に対するサイバー攻撃の件数も増加しました。これは、学生や教員が安全でないネットワーク経由でデータベースやアプリケーションに接続することで発生するものです。教育機関をサイバー攻撃から守るためには、生徒、教師、職員、保護者の全員にサイバーセキュリティソリューションを提供することが不可欠です。

教育機関をサイバー脅威から保護する

教育業界はあらゆるタイプのサイバー脅威に対して脆弱ですが、最も頻繁に発生する 2 つの脅威があります。

  • フィッシング

    フィッシングは、被害者を誘惑して極秘情報を自発的に開示させることを目的とした、巧妙なソーシャルエンジニアリング攻撃です。

    フィッシングに対する課題は、手口が巧妙になるにつれて発見が難しくなることです。

    詳しくはこちらをご覧ください
  • ランサムウェア

    ランサムウェア攻撃は、身代金を支払うまでユーザーをシステムから締め出してしまいます。この身代金の支払いは、匿名性を維持するために暗号通貨で要求されるケースが多くあります。

    詳しくはこちらをご覧ください

Keeper の企業パスワード管理(EPM)ソリューションは、IT 管理者が従業員、学生、保護者が学校関連のログインクレデンシャルをどのように使用するかを完全に可視化でき、ネットワーク全体のパスワード安全性をモニタリングすることを可能にします。強力なパスワード、2FA やその他のセキュリティプロトコルなどのポリシーは、管理コンソールから簡単に強制することができます。

教育機関は、あらゆる技術スタックやあらゆる環境との柔軟でスケーラブルな統合と、SSO などの既存のソリューションのセキュリティギャップを埋めるために、Keeper を選択しています。

Keeper がコンプライアンス維持に役立つ理由

Keeper はフィッシング、ランサムウェア、その他多くのサイバー脅威の防止に役立ちます。 デモを予約して、その方法をご覧ください。

これら簡単に導入できる比類ない機能の数々で、組織を保護しましょう:

管理コンソール

会社組織全体に Keeper を導入して全体を管理やモニタリングすることで、パスワードセキュリティ、2 段階認証、その他のセキュリティポリシーを強制することができます。

共有フォルダ、サブフォルダ、パスワード

チームでも個人ユーザー同士でも、個別の記録や暗号化済みフォルダを安全に作成、共有、管理できます。

セキュリティ監査スコアとレポート作成

堅固なレポートと監査ツールにより、組織のパスワードセキュリティを可視化し、内部統制の強化とコンプライアンス基準の維持を実現します。

ゼロトラストアーキテクチャ

弊社のゼロトラストフレームワークとゼロ知識セキュリティアーキテクチャにより情報を保護し、データ漏洩のリスクを軽減します。

ロールベースのアクセス

許可は、各ユーザーのロールや責任に応じたきめ細かなアクセスコントロールにより完全にカスタマイズすることができます。

Keeper における第三者の証明と認証

Keeper における第三者の証明と認証

準備はよろしいですか?以下で 2 つの Keeper プランの詳細をご覧ください!

Keeper Business

  • 各ユーザー専用の暗号化されたボルト
  • フォルダとサブフォルダ
  • 共有チームフォルダ
  • 無制限のデバイスからアクセス
  • ポリシーエンジンと強制
  • セキュリティ監査
  • チーム管理
  • 基本的な二要素認証(SMS、TOTP、スマートウォッチ、FIDO WebAuthn)

無料トライアルを申し込む 今すぐ購入

Keeper Enterprise

  • Keeper Businessに入っているもの全てに加え:
  • シングルサインオン(SAML 2.0)認証
  • 自動チーム管理
  • 高度な 2 段階認証(DUO と RSA)
  • Active Directory と LDAP 同期
  • SCIM と Azure AD プロビジョニング
  • メールアドレスで自動プロビジョニング
  • コマンドラインプロビジョニング
  • パスワードサイクルとバックエンド統合用開発者向け API

問い合わせ デモをリクエスト

close
close
日本語 (JP) お問い合わせ