close

壊滅的なデータ漏洩の原因となりうる金融機関の脆弱性に対策を講じてください

Keeper をご入手ください。パスワード関連のデータ漏洩やサイバー攻撃の脅威を防いでくれる最先端のサイバーセキュリティプラットフォームです。

サイバーセキュリティはパスワードのセキュリティから始まります

$18M

金融サービスのデータ漏洩 1 回における平均コスト1

69 %

サイバー攻撃を受けたことがある金融サービス企業の割合2

81%

脆弱、初期設定、盗難パスワードを原因とするデータ漏洩の割合3

Keeper はビジネス用パスワードの安全性を保つことでデータ漏洩を防ぎ、従業員の作業効率を改善し、コンプライアンス・スタンダードを達成します。

3 分間のデモをご覧のうえ、貴社ビジネスを簡単に保護する方法をご確認ください。

Keeper に関する詳細がご入用ですか? オンデマンドの完全版ビデオをご覧になるか、所属する金融機関用にカスタマイズされたデモをリクエストしてください。

完全デモを鑑賞 デモをリクエスト

従業員のパスワードを保護するうえで、金融機関において Keeper が必要である理由をご確認ください。

  • 金融機関におけるデータ漏洩「破産」 銀行、クレジットユニオン(信用組合)、その他の金融機関はサイバー犯罪者の主要ターゲットです。ここ数年、金融業界は繰り返しサイバー攻撃を受けています。Deloitte メモにある最近のレポートによると、セイバーセキュリティは引き続きリスクにさらされており、公共機関からのサイバー攻撃が金融業界にとって脅威になりつつあります3。クレジットユニオン(信用組合)においては、少人数のスタッフと限られた予算がリスクを増大させています。
  • 金融サービスコンプライアンスとの適合補助 金融サービスのレポート作成においては、追跡記録、最小権限コントロール、監査ログへのアクセスが必要です。Keeper ならばロールベースのコントロールと共有認証情報の透明性を確保できます。Keeper ボルトへのアクセスログは、コンプライアンスや科学捜査のために監査可能ですので、レポート作成時には金融機関 IT 管理者の負担を大幅に軽減することができます。
  • Microsoft Active Directory 同期 Keeper® AD Bridge は Microsoft Active Directory や Open LDAP と同期します。このアプリはユーザーを軽快にプロビジョニングし、ノード(社内部署)、ユーザー、ロール、チームなどを自動的に追加してくれます。Keeper ならばロールベースのコントロールと社内部署移動におけるロール追跡記録を実現できます。さらに、退職した従業員のボルトを自動ロック可能です。
  • サポートコストを削減 パスワード問題に関連したヘルプデスクのコストを大幅に削減できます。Forrester の調査によると、いくつかの大企業はパスワード関連のサポートに年間 100 万米ドルを越えるコストを費やしています。
  • 生産効率を向上 従業員の対応時間とフラストレーションを削減し、従業員がパスワードを記憶する必要性やパスワードを使いまわしてしまう可能性を排除してください。Keeper は強固でランダムなパスワードを作成し、ユーザーに代わり自動でこれらを入力してくれます。軽快で直感的な UI を搭載した Keeper ボルトは、従業員のデバイスや所在地を問わずご利用いただけます。Keeper の機能はすべてユーザーの利便性とセキュリティを実現するよう設計されています。Keeper はグローバル展開を踏まえ 21 種類の言語に対応しています。
  • バックエンドのパスワードサイクルを自動化 Keeper® Commander SDK は IT 管理者と開発者がパスワード管理、パスワードのサイクル化、ボルト機能を実行するためのコマンドラインツールと Python ソースコードを搭載しています。バックエンドパスワードのハードコード化やプレーンテキスト化は排除されています。接続可能対象: Unix、Windows、AD ログイン; Oracle、Microsoft SQL、MySQL、Postgres、Dynamo データベース; AWS パスワード、API アクセスキー。

主要機能

  • 2 段階認証(2FA)で保護を強化
  • 安全なファイルのストレージと共有機能
  • OS やデバイスから独立したクラウドベース
  • レポート作成、監査、分析機能を備えた管理者コンソール
  • AD/LDAP プロビジョニングで迅速に展開
  • 24 時間 365 日のサポート

主な利点

  • 法規制の順守を維持
  • 従業員の作業効率を向上
  • パスワードポリシーや手続きを強化
  • ヘルプデスクのコスト削減
  • 最小限のトレーニングで迅速にセキュリティを向上
  • 従業員のセキュリティ意識と行動を改善

Keeper と主要 SSO ソリューションの統合

Keeper® SSO Connect はご利用中の IdP と統合されますので、SAML プロトコルをサポートしていないアプリケーションにとって完璧なソリューションとなります。Keeper ならば、ユーザーは特権アクセス、SSO 非対応パスワードをすべて保管できる安全な専用ボルト、デジタル証明書、暗号化キー、API アクセスキーを利用することも可能です。

G Suite
Amazon Web Services
f5
Microsoft
Microsoft Azure
okta
Centrify
Ping Identity
onelogin
CAS
JumpCloud
IBM Security

Keeper における第三者の証明と認証

1 サイバー犯罪にかかるコストの研究: 金融サービス、アクセンチュア・セキュリティ、2018年度

2 2018 年度、中小規模ビジネスにおけるサイバーセキュリティの状況、Ponemon Institute

3 2019 年度、銀行取引ならびに資本市場の見通し、Deloitte Center for Financial Services

貴社のデータ漏洩を防ぐ準備は整いましたか?

Keeper フリーを試そう