close

Keeper vs KeePass: パスワードマネージャーの比較

Keeper Password Manager は KeePass と比較すると、より優れたセキュリティとより多くの機能を持ち、全体的に優れたパスワードマネージャーとなっています。

法人向け 個人向け

G2 ユーザーによる Keeper と KeePass の比較評価

機能

Keeper

KeePass

利便性

Keeper

9.2/10

KeePass

8.5/10
Quality of Support

Keeper

9.1/10

KeePass

8.0/10
Product Direction

Keeper

8.9/10

KeePass

7.4/10
モバイルアプリの使いやすさ

Keeper

9.1/10

KeePass

8.2/10

*Data as of July 11, 2023

KeePass と Keeper の比較: 自分に合うパスワードマネージャーは?

KeeperKeePass
ゼロ知識アーキテクチャ

Keeper は独自のゼロ知識セキュリティアーキテクチャで構築されており、すべての暗号化と復号はユーザーのデバイス上でローカルに行われます。各記録は AES-256 で暗号化され、クライアント側でランダムに生成された異なる独自の鍵で暗号化されます。

KeePass はデータベース全体を暗号化するだけで、各記録を個別に暗号化することはありません。

セキュリティインフラとポリシー

Keeper は業界で最も長い歴史を持つ SOC 2 タイプ 2、ISO 27001 および TRUSTe 認証を取得しています。Keeper の情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)は、顧客データを保護し、製品とサービスの安全な運用を確保するために、厳格なセキュリティ管理が実施されていることを保証しています。

KeePass はセキュリティの実践において同じような厳格さを示していない。SOC 2 Type 2 と ISO 27001 の認証はまだ取得していません。

1 か所でのストレージとセキュリティ

Keeper は、独自のゼロ知識セキュリティアーキテクチャですべての情報を一箇所に保存することにより、従業員の情報を保護しながら、すべてのデバイスから簡単にアクセスできるようにします。

KeePass はローカルにのみファイルを保存します。他のデバイスからパスワードにアクセスするには、KeePass データベースを Dropbox、Microsoft OneDrive、Google Drive または同様のクラウド同期フォルダに保存する必要があります。サードパーティのサイトでビジネスパスワードをホストすることはセキュリティリスクとなってしまいます。

管理コンソール

Keeper は包括的な管理コンソールを提供しているので、組織は従業員のパスワードセキュリティを可視化し、制御することができます。さらに、従業員のアクセスおよび特権を監督するために、管理者権限を部門リーダーに委任することも可能です。

KeePass は管理コンソールを提供していません。KeePass は管理機能をサポートするためにサードパーティのプラグインが必要となります。

記録共有

Keeper は強固な共有機能を提供し、Keeper プラットフォームを使用している誰とでもクレデンシャルやドキュメント、記録、フォルダ、ファイルを安全に共有することができます。

記録を無期限に共有することができます。また、Keeper の「ワンタイムシェア」を利用することで Keeper アカウントを作成することなく、期間限定で誰とでも安全に記録を共有することも可能です。

KeePass はネイティブで共有をサポートしておらず、ユーザーは別のデータベースをセットアップして、パスワードを共有したい人とそのデータベースのマスターパスワードを共有する必要があります。

マルチプラットフォームをサポート

Keeper はお使いのすべてのモバイルデバイス、コンピュータ、オペレーティングシステムで動作し、すべてのデバイス間で瞬時に同期することができます。

KeePass にはネイティブモバイルアプリがありません。そのため、モバイルへのインストールは直接 KeePass からではなく、サードパーティからのものとなります。

KeePass はオープンソースのソリューションであるため、一般的にユーザーの環境間で機能や機能性、デザインの一貫性がありません。

使いやすいインターフェースとより高い機能性

Keeper は洗練されたインターフェイスと堅牢な機能性を備えています。シームレスなオンボーディングプロセスと優れたユーザーエクスペリエンスを提供することで、Keeper は従業員のパスワードを簡単に保護することができます。

KeePass は使い方をマスターするのが難しく、時代遅れのユーザーインターフェースを採用しています。いくつかの機能はサードパーティーのプラグインを使わなければ使用できません。

より良いカスタマーサービスとサポート

Keeper はユーザーのご質問やご意見を重視し、ヘルプ担当者を待機させていますので、ユーザーは担当者と電話で相談することが可能です。さらに、Keeper はサブスクリプションに応じた製品トレーニングやオンボーディングも提供しています。

KeePass は、カスタマーサポートとしてはセルフサービス資料のみを提供しています。

Keeper と KeePass の比較: 機能の概要

Keeper Secrets Manager

KeePass

オフラインモード
はい
はい
2 段階認証
はい
はい
ローカルストレージ
はい
はい
ゼロ知識
はい
いいえ
クラウドストレージ
はい
いいえ
さまざまなプラットフォームからアクセス
はい
いいえ
自動入力
はい
いいえ
記録共有
はい
いいえ
共有フォルダ
はい
いいえ
管理者ダッシュボード
はい
いいえ
ロールベースの強制ポリシー
はい
いいえ
Active Directory 統合
はい
いいえ
2FA Code Storage
はい
いいえ
ボルト移転
はい
いいえ
マスターパスワードなしでシームレスに SSO 統合
はい
いいえ
記録の履歴
はい
いいえ
安全なアドオン
安全なファイルストレージ
はい
はい
ダークウェブモニタリング
はい
いいえ
暗号化されたメッセンジャー
はい
いいえ
SIEM 統合による高度なレポート作成とアラート
はい
いいえ

完全な比較表を表示

すでに KeePass をご利用中ですか? 簡単に Keeper へ移行いただけます。

KeePass から Keeper へのパスワードの移行は簡単で安全です。KeePass に保存されているパスワード、フォルダ、サブフォルダ、メモ、アカウントなどの情報は、完全な暗号化を維持したまま、わずか数クリックで Keeper に移行されます。

Chat
close
close
日本語 (JP) お問い合わせ